CONSERTS

  • 2017年11月18日(土)開演14:15 ルネスホール
    小林美恵・加藤洋之 Duo
    超豪華なヴァイオリンとピアノのスーパー・デュオ・コンサート

    出演:
    小林美恵(ヴァイオリン) 加藤洋之(ピアノ)
    曲目:
    シューマン ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 op.105
    ワーグナー ロマンス
    ワーグナー(リスト編曲) 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より ”愛の死”(ピアノソロ)
    コルンゴルト 組曲「空騒ぎ」 op.11
    ヴェーベルン 4つの小品 op.7
    ワーグナー エレジー(ピアノソロ)
    R.シュトラウス ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18
    問合:
    Salon de la Beau Faveur事務局 Tel  090-7970-0509

    (美恵から皆さまへ)
    毎年、岡山で演奏させていただけるのを本当に嬉しく思っています。何を聴いていただこうかと、プログラムを考えるのが毎回楽しみで、岡山の方々の顔を思い浮かべながら、いろいろ考えを巡らすのですが、今回はリヒャルト・シュトラウスのソナタをリクエストいただいたので、同じ頃ウィーンで活躍した作曲家コルンゴルトとウェーベルンの作品、そして19世紀の後半にヨーロッパ中の音楽界に影響を与えたワーグナーとシューマンの作品をピアノの独奏も交えて、聴いていただこうと思います。
    ピアノの加藤洋之さんは高校からの同級生で、その演奏は高校時代から天才的でしたが、オペラやシンフォニーにも造詣が深く、特にワーグナーやリヒャルト・シュトラウスの作品への思いは並はずれていて、今回のプログラムは加藤さん以外との共演では考えられません。この特別なプログラムを岡山の皆様に聴いていただけるのを本当に楽しみにしています。シューマンは今回とても久しぶりに弾きますが、底のない独特の世界観にゾワゾワしています。
    ロマン派後期からウィーン世紀末にかけての芳醇で香りたつ響きを、きっと存分にお楽しみいただけると思います。ルネスホールでお待ちしています。よろしくお願いいたします。

  • 2017年12月20日(水)開演19:00 紀尾井ホール
    アンサンブル of トウキョウ 第125回定期演奏会
    オーケストラの夕べ

    出演:
    小林美恵(ヴァイオリン) 青山聖樹(オーボエ)
    金昌国(指揮)
    アンサンブル of トウキョウ
    曲目:
    シューベルト ロンド イ長調 D.438
    R.シュトラウス オーボエ協奏曲 ニ長調
    ベートーヴェン 交響曲第8番 ヘ長調 op.93
    問合:
    アンサンブ of トウキョウ事務局
    Tel  03-3426-2010     Fax  045-595-0224
    Mail  ensembleoftokyo@gmail.com
  • 2018年2月17日(土) 開演14:00 Hakuju Hall
    小林美恵 華麗なるヴァイオリンの伝説 
    第1回 「ダ・ヴィンチの迷宮」
    小林美恵 無伴奏の極みを弾く

    出演:
    小林美恵(ヴァイオリン) 浦久俊彦(ナビゲーター)
    曲目:
    ビーバー 「ロザリオのソナタ」より ”パッサカリア”
    J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 BWV1004より ”シャコンヌ”
    イザイ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番 op.27-2
    コリリアーノ レッド・ヴァイオリン・カプリス 他
    問合:
    Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700(火~土 10:00~18:00 祝日 休館日を除く)
    オンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp//

    (美恵から皆さまへ)
    ヴァイオリンの魅力を多くの方に知っていただきたい。もっともっと大勢の方に聴いていただきたい。一緒に感じ、探りたい。
    ヴァイオリンが今の姿を現した時、ダ・ヴィンチの生きた時代とちょうど重なります。文献は残っていませんが、ダ・ヴィンチがヴァイオリンに無関心でいたとは到底考えられないのです。完成する過程のどこかに、ダ・ヴィンチの知恵が入ったに違いない。そう思うと心がときめきます。ダ・ヴィンチの頭の中に響いていた音はいったいどんな?
    はじくでも、叩くでも、空気を吹き込むでもなく、弦を擦る。
    ヴァイオリンにこめられた楽器製作者の、何百年といままで受け継いできた奏者たちの、そして楽曲を作った作曲家の魂を擦る時、全てが蘇る。
    新しいシリーズが始まります。