CONSERTS

  • 2018年8月18日(土)開演14:45 軽井沢大賀ホール
    軽井沢国際音楽祭 2018
    Happy Hour Concert ㈪
    軽井沢のシューベルティアーゼ ㈼
    これぞシューベルト! 〜弦楽器奏者が弾きたい曲 No.1〜

    出演:
    小林美恵 近藤薫(ヴァイオリン) 中村洋乃理(ヴィオラ) 宮坂拡志 池松宏(チェロ)
    曲目:
    シューベルト 弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956
    問合:
    軽井沢国際音楽祭実行委員会
    Tel. 050-3718-8676 (代表・平日 10:00〜18:00)
    E-mail info@kimf.net
    http://kimf.net/
  • 2018年8月18日(土)開演16:30 軽井沢大賀ホール
    軽井沢国際音楽祭 2018
    Happy Hour Concert ㈫
    おとぎの国の名曲コンサート

    出演:
    小林美恵(ヴァイオリン)
    ヴィクトル・ブーニン 秋場敬浩(ピアノ)
    曲目:
    チャイコフスキー(ドビュッシー編) バレエ音楽「白鳥の湖」 op.20 より
    ラヴェル(野平多美編) 組曲「マ・メール・ロワ」
    グルーシン リヴァー・ソングス
    問合:
    軽井沢国際音楽祭実行委員会
    Tel. 050-3718-8676 (代表・平日 10:00〜18:00)
    E-mail info@kimf.net
    http://kimf.net/
  • 2018年8月19日(日)開演14:00 軽井沢大賀ホール
    軽井沢国際音楽祭 2018
    フェスティバル・オーケストラ・コンサート
    ~フランス名フルーティスト登場~

    出演:
    トマ・プレヴォ(フルート)
    横川晴児(指揮)
    フェスティバル・オーケストラ
    曲目:
    モーツァルト 歌劇「魔笛」 K.620 序曲
    モーツァルト フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313(285c)
    ベートーヴェン 交響曲 第7番 イ長調 op.92
    問合:
    軽井沢国際音楽祭実行委員会
    Tel. 050-3718-8676 (代表・平日 10:00〜18:00)
    E-mail info@kimf.net
    http://kimf.net/
  • 2018年8月31日(金) 開演19:00 Hakuju Hall
    第13回 Hakujuギター・フェスタ 2018
    イタリア2 Musica Italiana !
    第一夜
    part 1 福田進一ソロ ~加藤昌則新作世界初演
    part 2 荘村清志が魅せるイタリア音楽の世界 ~ヴァイオリニスト 小林美恵を迎えて

    出演:
    福田進一 荘村清志(ギター)
    小林美恵(ヴァイオリン)
    曲目:
    ジュリアーニ ギター・ソナタ op.15
    加藤昌則 ギター独奏曲 委託新作 (世界初演)
    コレッリ ヴァイオリン・ソナタ 第12番「ラ・フォリア」
    パガニーニ 協奏的ソナタ イ長調 op.61
    ヴィヴァルディ(荘村清志編) ヴァイオリン協奏曲集「四季」より”冬” RV.297

    問合:
    Hakuju Hall チケットセンター tel. 03-5478-8700(火~土 10:00~18:00 祝日・休館日を除く)
    オンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp//

  • 2018年9月17日(月・祝) 開演14:00 Hakuju Hall
    小林美恵 華麗なるヴァイオリンの伝説
    第2回 「ヴェルサイユの光と影」
    小林美恵 フランスを弾く

    出演:
    小林美恵(ヴァイオリン) 横山幸雄(ピアノ)
    浦久俊彦(ナビゲーター)
    曲目:
    ルクレール ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 op.9-3
    ドビュッシー ヴァイオリン・ソナタ
    フランク ヴァイオリン・ソナタ
    他 他
    問合:
    Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700(火~土 10:00~18:00 祝日 休館日を除く)
    オンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp//

    (美恵から皆さまへ)
    人間の手によって創られ、人間よりはるかに長い命を授けられたヴァイオリン。人は何をヴァイオリンに求め、託し、またヴァイオリンは何を表現されるのを望んでいるのだろう。
    ヴァイオリンの神秘にせまるシリーズ、第2回は「ヴェルサイユの光と影」。フランスの作品を取り上げます。 今でも少女時代にパリに初めて降り立ったときの、街の空気、匂い、喧騒、色、ネオン、セーヌ川、、、鮮明に思い出します。いつ訪れても、インスピレーションが刺激され、私には心浮き立つ場所です。初めて訪れてから暫くして、今度はどっぷりとフランス音楽に足を踏み入れていくことになるのですが、ちょうど同じ頃、パリで知り合った横山幸雄さんとまたこうして、一緒に演奏できるのはなんと嬉しいことでしょう。
    一回のコンサートでフランス音楽を語り尽すことはできませんが、皆様の心に、何か少しでも香り立つエッセンスを残せたらと思います。